【へうげもの】読む前はギャグかと思ってたけどお辛いシーンだった…

名無し : 21/10/02(土)

最近ようやくへうげものを読んだんだけど
このシーンギャグかと思ったらめっちゃくちゃお辛いじゃん!


出典:山田芳裕「へうげもの」(講談社)






名無し : 21/10/02(土)

この利休に抹茶ラテを作れと!?



名無し : 21/10/02(土)

数寄の芽を潰した秀吉許せねえ……殺すしかねえ……
って決意を固めたところに「下の句など蛇足」だからね




名無し : 21/10/02(土)

ギャグとシリアスが紙一重だからね
ノブの死に様とか




名無し : 21/10/02(土)

早まっちゃった娘が悪いよ娘が



スポンサーリンク

名無し : 21/10/02(土)

秀吉への殺意を高めて高めて最後に家康を口説き落とそうとしたところで
自分が猿と同じことしてたと知らされた顔




名無し : 21/10/02(土)

白い安土城で一瞬魅了されちゃうし光秀の数奇ちからがつよい



名無し : 21/10/02(土)

明智殿のほうがわび数寄を理解してくれたのかもしれない



名無し : 21/10/02(土)

>明智殿のほうがわび数寄を理解してくれたのかもしれない…
光秀も三成も死が近づくとわび数奇いい…ってなるし
現世の欲に執着しなくなるとわびの良さがわかってくるんだろう
そういう意味では利休は自分の趣味に対してがっつきすぎたのは矛盾だったともいえる




名無し : 21/10/02(土)

明智殿はゲヒ殿のへうげも認めててしゅごい…



名無し : 21/10/02(土)

>明智殿はゲヒ殿のへうげも認めててしゅごい…
パイナップルクラッシュ!!!!!!!!!!!




名無し : 21/10/02(土)

>明智殿はゲヒ殿のへうげも認めててしゅごい…
死に方いいんだよな…
まあこの漫画死に方いい奴ばっかりなんだけど




名無し : 21/10/02(土)

明智殿はマジ完璧超人だからな
でも完璧で綺麗すぎると人はついてこないよね!




名無し : 21/10/02(土)

明智のみっちゃんと利休もだし
石田のみっちゃんと古織もそうだし
実現性高そうな人で妥協したせいで自分の理想を自分で阻む結果になるのおつらい




名無し : 21/10/02(土)

へうげものは朝鮮侵攻のところが読んでてつまらないのは
現実の歴史でもあそこ悲惨なだけでつまらねえからな……ってなる




名無し : 21/10/02(土)

朝鮮侵攻の辺りでヨン様出てきてそんな昔だったけ!?って現実見せられるのもつらい



名無し : 21/10/02(土)

あそこつまんねえな…ってなるからそこにゲヒ殿の浮気を加えてアクセントをつける



名無し : 21/10/02(土)

朝鮮侵攻を乗り越えた先に秀吉の最後が待っている
リアルに泣いちゃったよ




名無し : 21/10/02(土)

構わにゃーて
どうせ夢よ




名無し : 21/10/02(土)

>構わにゃーて
>どうせ夢よ
家康との時だけ最期なのにお互い目が怖い!




名無し : 21/10/02(土)

大物の死がみんなドラマチックだからズルい



名無し : 21/10/02(土)

新日本ハウスの歌で秀吉が死ぬのはおハーブキメてるとしか思えない



名無し : 21/10/02(土)

死の真相を上田殿だけハブられるのひどくない?



名無し : 21/10/02(土)

明智殿は太平の世に必要な人だったというタヌキの言い分もわかる…



名無し : 21/10/02(土)

個人的に面白いギャグは上杉景勝が出てくるたび一切何もしゃべらないこと



名無し : 21/10/02(土)

>個人的に面白いギャグは上杉景勝が出てくるたび一切何もしゃべらないこと
心中察する直江兼続




名無し : 21/10/02(土)

分かってる人向けに解説なしの歴史ギャグかましてくるから
単行本にも本誌にあった解説いれたほうがと思う部分ある




名無し : 21/10/02(土)

この漫画めっちゃ面白いんだけど読み直すのにパワーがいる



名無し : 21/10/02(土)

秀吉の最期のシーンいいよね…
終わった瞬間諸将がドライに家安に付くのも含めて




名無し : 21/10/02(土)

>終わった瞬間諸将がドライに家安に付くのも含めて
とはいえ秀吉が後を託したのが家康だしなあ




名無し : 21/10/02(土)

前田利家の素で面白いの良いよね
笑いのセンスが有りすぎる




名無し : 21/10/02(土)

史実の裏切りとか処刑も双方ある程度納得できるような心理描写付けてるよね
ゲヒ殿がスレ画を斬首するシーンとかどんな風に描写するんだろうって思ったもん




名無し : 21/10/02(土)

ノブと猿とか猿と狸とか代替わりする時の会話シーンも熱い



名無し : 21/10/02(土)

最終回の上田殿のあの無言の三コマがすごい好き



名無し : 21/10/02(土)

数寄バトルパワハラバトル漫画



名無し : 21/10/02(土)

読みはひょうげもののはずなんだけどなぜか友達と語るとき口語でもへうげものって言っちゃう



名無し : 21/10/02(土)

長安は死ぬとあっという間に敗退した大久保チーム



名無し : 21/10/02(土)

後半に出てくる
なよっとしてカマっぽい2人の
凄い武闘派っぷり




名無し : 21/10/02(土)

秀忠が秀吉貶した時にぶん殴る家康いいよね



名無し : 21/10/02(土)

秀頼と大野兄弟の顔の輪郭がそっくりでコレは・・・



名無し : 21/10/02(土)

NHKさん…アニメ続きやって…



名無し : 21/10/02(土)

>NHKさん…アニメ続きやって…
原作者さんがいいよって言えばやるつもりではあったと思う…




名無し : 21/10/02(土)

>NHKさん…アニメ続きやって…
とはいえアニメ化する上ではすごいいい区切りなんだよなスレ画のあたりまでって




名無し : 21/10/02(土)

歴史さっぱりだから瀬戸物とか乙とか現代まで伝わってる言葉が出てくるのがすごい楽しい



名無し : 21/10/02(土)

手癖悪いのが史実由来なのが吹く



名無し : 21/10/02(土)

でも結局最後は武力だよねってお話
そもそも銅山欲しい事まで知られてる徳川忍者部隊なのに徳豊合体画策してるの知られてないわけないよな
小細工わかってて乗ってくれてただけ




名無し : 21/10/02(土)

読み直すと信長は勿論秀吉が死ぬのも思ったより早い



名無し : 21/10/02(土)

どこまでが史実でどこから創作かわからないのが非常にたちが悪い
こんなことあったんだーと思って調べると創作だったり
こんなアホな事あるわけないだろ、が史実だったり




名無し : 21/10/02(土)

領土問題を解決するための国策としてやってたとはいえ
命かけて斬りました斬られましたやってる時代に茶碗一個が領土やお城に匹敵する価値があるってのはやっぱり狂ってると思う




名無し : 21/10/02(土)

これの三成の自分なりの最期の数寄は大好き
こんなお堅くてつまらない発想をとことんやりきる事によって数寄にするのはお前にしかできないよ




名無し : 21/10/02(土)

ラストシーンの上田殿の表情は
俺が今まで読んだ漫画の中で一番きれいだと思う




名無し : 21/10/02(土)

この漫画の光秀秀吉光成秀忠好き



コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク