「漫画家をめざす漫画」って最近見かけない気がする

スポンサーリンク





名無し : 21/11/28(日)

漫画家めざす漫画って最近見かけない気がする
作業がデジタル化して絵づらが地味になったからかな…




名無し : 21/11/28(日)

バクマンのころってまだデジタル主流じゃなかったっけ
バクマン自体はアナログで描いてたのか




名無し : 21/11/28(日)

そもそも漫画が目指す漫画はそんな頻繁に目にするもんでもないのでは



スポンサーリンク
スポンサーリンク

名無し : 21/11/28(日)

漫画家が主人公の漫画はエッセイ漫画含めまぁまぁ数があるけど
漫画家を目指す道のりを主題とした漫画となるとバクマンくらいしかぱっと出てこないな…




名無し : 21/11/28(日)

あるじゃん
タイムパラドクスゴーストライター




名無し : 21/11/28(日)

タイムパラドクスゴーストライターは最後には本当に漫画家になってるけどそれを目的に行動してた訳ではないから漫画家になる漫画ではない



名無し : 21/11/28(日)

チェンソーマンの人が読み切りで書いてた気がする>漫画家漫画



名無し : 21/11/28(日)

チャンピオンでやってたけどあれももう結構前だな



名無し : 21/11/28(日)

世知辛い実情レポートはよく見るけど漫画バトルだぜ!とか漫研でライバルに出会った!みたいな架空のストーリーものは減った気がするんだ



名無し : 21/11/28(日)

むしろ漫画バトルは実例が思い浮かばねえよ!?



名無し : 21/11/28(日)

>むしろ漫画バトルは実例が思い浮かばねえよ!?
吼えろペンとか




名無し : 21/11/28(日)

>吼えろペンとか
漫画家同士のライバル関係とか実際に勝負めいたことはしてるけど
バトル漫画とは文脈が違くない…?




名無し : 21/11/28(日)

漫画家が主人公の作品は結構思い付くけど
漫画家を目指す漫画はマジでバクマンとチャンピオンのアレくらいしか思い付かん…




名無し : 21/11/28(日)

>チャンピオンのアレ
なんだろ…ハダカのタイヨウだったら随分マイナーなもん知ってるなもっと他にあるだろってなるけど




名無し : 21/11/28(日)

>>チャンピオンのアレ
>なんだろ…ハダカのタイヨウだったら随分マイナーなもん知ってるなもっと他にあるだろってなるけど
「実は私は」の人が描いた漫画専門学校のやつのことだろう




名無し : 21/11/28(日)

漫画家目指すやつだったら『描かない漫画家』とか『マンけん。』とか『ハムサラダくん』とか



名無し : 21/11/28(日)

コミックパーティー好きだった
最近はだがしかしの主人公が漫画家目指してるって聞いて何で…って思った




名無し : 21/11/28(日)

そういやココノツは漫画家志望だったな
まぁ話の主題ではないから漫画家めざす漫画にはならんけど




名無し : 21/11/28(日)

漫画家漫画は取材しなくていいからな…



名無し : 21/11/28(日)

ナニワ金融道の作者が新人漫画家の殆どが人生経験の浅いやつらだから学校生活の経験で描ける学園ラブコメか妄想のSF(ファンタジー含む)しか描けないって言ってたな



名無し : 21/11/28(日)

人生経験が作家としての引き出しの多さに繋がるかどうかはレジェンド級の作家の中でも意見が分かれているところなので
一概に語れるものではない




名無し : 21/11/28(日)

殆どの大ヒット作家って若くして漫画描き始めた人達ばっかりだしな



名無し : 21/11/28(日)

>殆どの大ヒット作家って若くして漫画描き始めた人達ばっかりだしな
そうじゃない人の自伝は結構読みたい




名無し : 21/11/28(日)

>そうじゃない人の自伝は結構読みたい
面白いぜみずき伝




名無し : 21/11/28(日)

板垣先生の自伝読みたいんだよな
経歴見るとなんで漫画家になろうとしたのか意味わかんないし




名無し : 21/11/28(日)

漫画家漫画は自伝もののが面白いからなぁ
フィクションだと原秀則のが割と好きだったけど




名無し : 21/11/28(日)

アオイホノオは初連載始めたあたりやってるけど面白い
恨み節が無くて「このぐらい凄かったんだよ誇張ありで!!」みたいなノリの方がいいよね




名無し : 21/11/28(日)

アオイホノオで思い出したけど月曜日のライバルは一応漫画家目指す漫画だな



名無し : 21/11/28(日)

最近よんだのは
あだち充の兄を師として漫画家をめざすやつ




コメント

  1. 記事タイトルだけを見て、脳内で反論しようとしたのだけれど、大同人物語が真っ先に浮かんで後続を蹴散らしたせいで、バクマン以外は何も思い出せないまま首を捻って本文を広げる破目に成った。
    読んで居る間ずっと、そうそれ! それを挙げたかったんだ! って成って、とても気持ち好かった。
    しかし、該当作品のタイトルを見るまで何も出て来なかったか。良い感じで耄碌して来ているの怖い。

スポンサーリンク
スポンサーリンク