「包丁人味平」のカレー戦争編まで読み終わったんだけど






名無し : 21/12/28(火)

カレー戦争編まで読み終わったんだけどマジ面白かった…
敵味方みんなキャラ立ってるし妨害工作とか不快寄りな話も一切無いしで凄えスルスル読める




名無し : 21/12/28(火)

梨花さんいいよね…



名無し : 21/12/28(火)

カレーは辛いからうめぇのよ!



名無し : 21/12/28(火)

子供向けのカレーに対してちゃんと子供向けカレーで対抗するのも良かった



スポンサーリンク

名無し : 21/12/28(火)

ミルクカレーを即見破った後にスパカレーで逆襲するのマジかっこいい



名無し : 21/12/28(火)

味平カレーで対抗してもそこからブラックカレー食べに行っちゃうとこは絶望感がすごい



名無し : 21/12/28(火)

何でこんな作中でもブッチギリでふざけた格好してる奴が一番真摯に戦ってくるんだ



名無し : 21/12/28(火)

個人的にはカレーにつける水の温度についての解説が欲しかった
あれも人によって変わるんじゃねぇのって…




名無し : 21/12/28(火)

>個人的にはカレーにつける水の温度についての解説が欲しかった
>あれも人によって変わるんじゃねぇのって…
俺は一種類の辛さだけで勝負したいんだ!!の気持ちは分かるけど結果的にというか現代的に見ちゃうと選べる方が主流になってるから
まぁ漫画でもはっきり答えは出せないよな…みたいに思ってしまう




名無し : 21/12/28(火)

至極真っ当に料理と向き合いすぎた結果あんなことになるのちょっと後味悪い…



名無し : 21/12/28(火)

とっ捕まったこの人に対する味平の(なんだったんだアイツ…)みたいな表情が切ない



名無し : 21/12/28(火)

カレー作りのプロとして真っ当に正面から戦ってくるだけにラストが凄い悲しい…
それまでの料理対決の相手がロクでもない奴ばっかだったのもあってつらい




名無し : 21/12/28(火)

>それまでの料理対決の相手がロクでもない奴ばっかだったのもあってつらい
振り返ると本当にクズばかりで困る




名無し : 21/12/28(火)

肉勝負のシェフは最初はマトモな人なのかと思ったらゲスだったなぁ
ああいう話作りはゆでが継いだ気がする




名無し : 21/12/28(火)

スレ画は味平のライバルとしてはぶっちぎりでフェアで立派な料理人だったんだよ…
ブラックカレー出したのも研究中にヤク中になっちゃったからだろうし




名無し : 21/12/28(火)

こいつ自体はマジでただの凄腕カレー職人だったからな
その研究の過程でおかしくなっちゃったけど…




名無し : 21/12/28(火)

ああ!解体屋ゲンのカレー屋の元ネタこいつかぁ!



名無し : 21/12/28(火)

>ああ!解体屋ゲンのカレー屋の元ネタこいつかぁ!
特徴的だし確かにわかる奴にはわかるけどさあ
マジでどれだけの人がわかったんだあれ




名無し : 21/12/28(火)

時代なんだろうけど店も屋台もコック着も調理器具も不潔だなって正直思ってしまった



名無し : 21/12/28(火)

>時代なんだろうけど店も屋台もコック着も調理器具も不潔だなって正直思ってしまった
そこは仕方ないしビッグ錠先生の絵柄っていうのもある…




名無し : 21/12/28(火)

正直味平読む前はスーパー食いしん坊みたいなトンチキ料理漫画だと思ってたけど各編の話の組み立てが凄い上手くてビックリした…
いやまあクソコテ要素とトンチキ具合は確かにスーパー食いしん坊のそれではあるんだけど
所で最初の頃出てきた今後味平に大きく関わってくるとか言われてたおばさんどうなったの…あと弁天の熊五郎も




名無し : 21/12/28(火)

まあ意味ありげに出したキャラがいつの間にか消えるのはけっこうありがち
カレー編だと序盤のハゲの金貸しが何かあるのかと思ったら消えた




名無し : 21/12/28(火)

時代が時代だけに仕方ないけど味平の魚アレルギーの話は今見るとちょっとひどい



名無し : 21/12/28(火)

料理漫画なのにトイレで嘔吐しまくる味平の描写とか
まぁ大らかな時代だったよねってなる




名無し : 21/12/28(火)

模造肉とかつけ麺とかあの時代に目の付け所がすげぇなってなる



名無し : 21/12/28(火)

お世辞にも料理の絵が上手いとは言えないんだけど何か美味そうなんだよな…



名無し : 21/12/28(火)

料理対決も大勝利!完!って感じじゃなくてそのまま次の章への導入になってて勝ったはいいものの反省点から次のやりたい事が出てきたりするのがなんか好きだわ



名無し : 21/12/28(火)

味平の味方側もデパートの社長がけっこうな大人物だし本当にバランス良いよね



名無し : 21/12/28(火)

ラーメン編でかいナベ使ったのは結局何だったの…



名無し : 21/12/28(火)

>ラーメン編でかいナベ使ったのは結局何だったの…
あれはスープは大量に作った方が美味いからでいいんじゃない?
俺は具の問題がササッと終わったのが気になってる




名無し : 21/12/28(火)

全体的にライブ感あるとは言うがラーメン編に関してはそのライン越えて軽く投げてたっぽいから…



名無し : 21/12/28(火)

味平自身もそもそもこっちは素人だし勉強になればいいやみたいな勝負もあって面白い



名無し : 21/12/28(火)

カレー戦争編は店舗経営まで勝負に入ってるから
割と今の少年誌の料理漫画でも手をつけてないジャンルまで行ってる




名無し : 21/12/28(火)

最後のあたりのパパが作ったお造りを魚嫌いの外人がバクバク食って味平の作った洋食は手をほとんど付けてなかったあたりの話がエピローグ感あって好き



名無し : 21/12/28(火)

どっちが大量の焼き魚を作れるか対決で茹でた魚に金串押し当てて焼き跡つけてハイOK!は
今でもおかしいと思ってる




名無し : 21/12/28(火)

潮汁の微妙な味加減は垂れた味平の汗で決まりました!
昭和の漫画なんてそれでいいんだよ…




名無し : 21/12/28(火)

絵とかの古さはあるけど中身は今読んでも新しいというかちょっと他に類を見ないテンションでマジで面白いよねビッグ錠作品



コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク