【あかね噺】28話感想 : ついに1話の答え合わせが!

スポンサーリンク
あかね噺ネタバレ感想

掲示板の感想
引用元 :https://5ch.net/
159 : 名無し 2022/09/05(月) 00:09:28.82 ID:o2joGVgl

とりあえずは答え合わせきたか
想像通りだったとはいえ、魅せてくれるな



160 : 名無し 2022/09/05(月) 00:12:52.93 ID:G1bExWjC

今週も面白かった。
最後のほうのセリフが意味深だな
一生と志ぐまの過去話なんかもそのうち出てきそうだ。



161 : 名無し 2022/09/05(月) 00:15:15.09 ID:+E1Nk0u5

作中で昨今の落語事情に言及したか、まあ確かに落語見たことある人は少ないだろうな



スポンサーリンク
スポンサーリンク

162 : 名無し 2022/09/05(月) 00:15:47.64 ID:WLOsXEO5

全てが正論なだけにかなりの強敵だな
次はどういう展開になるんだろうね
父親にも落語教えてもらうのかな



163 : 名無し 2022/09/05(月) 00:18:21.89 ID:UqQHbwix

結局昇進見送りと破門の差の説明はしなかったのか
あるいは磨いても光らない石なら捨てろということかな

あかねがおっ父の落語が下手という認識に立たなかったのもよかった。

あと一剣師匠ちょっと女好きの匂いが…



165 : 名無し 2022/09/05(月) 00:42:02.78 ID:SYYLa3VV

あの野郎、「志ぐま」の芸を

で志ぐまを描いてると見せかけてコマの志ぐまはあの野郎にかかってて、「志ぐま」が指してるのは先代志ぐまのことだろうね

二人の師匠が先代志ぐまだったんじゃないかな
となると不仲なのも後継者に選ばれなかった(襲名できなかった)ことが関係しててもおかしくなさそう



167 : 名無し 2022/09/05(月) 00:46:42.84 ID:UJgJQnI2

>>165
俺もそう思う
落語の名跡は名前と芸がセットで受け継がれるから、「志ぐまの芸を…」って言葉はかなり意味ありげな気がする



166 : 名無し 2022/09/05(月) 00:44:26.89 ID:JOMihGXA

あと幻の志ぐまの芸って先代の阿良川志ぐまの芸の方かな?
今の志ぐま師匠が先代の志ぐまの芸を追っかけてて
多分その先代志ぐまも人情噺の名手で
先代志ぐまの芝浜がヤバかった、みたいな



175 : 名無し 2022/09/05(月) 01:16:00.27 ID:SYYLa3VV

>>166
めちゃくちゃ雑に言うと先代志ぐまが演じたと言われる「神の一席」を目標に一生も(現)志ぐまもやってる的なことなんだろうね
志ぐまの家の倉庫から血のついた扇子を見つけたあかねを先代志ぐまの霊が鍛える漫画になるかもしれん



169 : 名無し 2022/09/05(月) 00:56:31.77 ID:MNtYjOcT

今週は、ここまでがプロローグって感じな話だった



170 : 名無し 2022/09/05(月) 00:59:31.63 ID:U1VGvFt1

あかねが惹きこまれたのはおっとうが部屋でやってた落語なのいいな
からしが別の一門で続けそうなのもおもしろい



171 : 名無し 2022/09/05(月) 01:03:51.24 ID:zien4K86

第一部完結



172 : 名無し 2022/09/05(月) 01:09:14.41 ID:88A4yW9a

ほとんど妄想に近いけどからしと三明亭、伊集院光と三遊亭をオマージュしてる可能性あると思った

伊集院光が三遊亭に入門した際
「若い君は古典主義で堅い圓楽より現代的な考えをする楽太郎の弟子になったほうがいい」
と圓楽の弟に言われて楽太郎の弟子になったというエピソードがあるので

三明亭円相が破邪顕正とか言って明らかにからしとタイプ合わなさそうなことが
逆に三明亭の若手エースの弟子になりそうって思っちゃったんだよね、そういう展開になったら多分この妄想は当たってる
からしが改作をサンプリングと表現してるのも音楽のDJ➝ラジオDJの伏線というか匂わせだったりして



176 : 名無し 2022/09/05(月) 01:17:04.65 ID:zien4K86

>>172
じゃあ、からしは偽オペラ歌手になるのか



177 : 名無し 2022/09/05(月) 01:22:01.78 ID:ALYxbbvm

>>176
数年後には講談師と喧嘩するんだよきっとw



174 : 名無し 2022/09/05(月) 01:14:57.53 ID:1hZra2Pf

父親の落語って結局は朱音にすら見られてない前提でやっと真価が発揮できるレベルなんだよな



178 : 名無し 2022/09/05(月) 01:38:00.55 ID:U1VGvFt1

なんとなくだけど一生はおっとうの実力事前に知ってたんじゃないかな
芸持ってながらここ1番でそれが発揮できない弱さに呆れたとか



180 : 名無し 2022/09/05(月) 01:41:22.19 ID:x+xWkvY0

一生はあの夜うまい酒呑んでそうだ



181 : 名無し 2022/09/05(月) 01:47:35.20 ID:sPnoNsP+

なんでも薄くすれば伸びて広がるから色んな人に見てもらえるけど、質は落ちるわな
小説もラノベからさらに下のなろう系になってるし
深みは全くない



184 : 名無し 2022/09/05(月) 02:01:50.13 ID:PBk/qD7N

ど正論だし茜も変にゴネて格落とさなくて良かったわ



185 : 名無し 2022/09/05(月) 02:16:25.70 ID:51ph9Kwc

>>184
ただ「よかった」のとこ気まぐれやパフォーマンスじゃなくて
阿良川の当主が純粋に阿良川一門には志ん太はいらないって決めて阿良川一門から消されたって話になったから
センス握る手に力入るくらいは強がりなんだよな
おっ父の芸は阿良川一門にはいらないから切り捨てられた
その切り捨てられた芸を認めさせると



186 : 名無し 2022/09/05(月) 02:41:16.39 ID:kY4uRwJ3

自分の芸すら信じられない奴は要らないという信念は分かったけど
1話の「あんなもん芝浜とは言わねぇよ」の真意はなんだろうな



187 : 名無し 2022/09/05(月) 02:52:26.61 ID:51ph9Kwc

>>186
多分一生はこれこそが芝浜って言える会心の一席を知ってる
それと比較してあまりにもオソマツって話かと



コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク